2009年11月04日

225先物取引と大きな損失

続いて225先物取引のリスクについて考えてみたいと思います。
先ほどは利益が保証されていない、利益も大きいが損失も大きいということを説明しました。
ほかに考えられるリスクとしては証拠金よりも大幅に損失が膨らんでしまうという怖いリスクがあります。
225先物取引は証拠金で取引を行い、1000倍の値段での取引ができるというシステムです。
金銭をその分用意する取引ではないので、大きなお金を動かしているという実感はあまりないかもしれませんが、実際は取引されている金額は証拠金の何十倍という金額が取引されていることになります。
利益が出た場合、これはとても大きなリターンということで投資家にとっては嬉しいことではありますが、損失をした場合、先ほどからお伝えしているように損失が大きくなります。
損失が出ると予測された場合、早めにそれ相応の対応をしておかないと損失は膨らんでしまう一方であります。
損失を最低限にとどめておくという処置が大事になってくるのです。
そうでもしないと証拠金相当の損失で済めばまだいいですが、証拠金を大幅に上回る損失が出てしまうことがありますので、注意が必要です。
少ない金額で大きな金額を取引できるという225先物取引ならではのメリットがありますが、その反面こういったリスクが伴うということですので、投資家にとってはある程度の知識と経験がないと難しい部分があるかもしれませんね。
周りの経験者などに話を聞いてみるのもひとつの方法ではないでしょうか。
posted by 225先物取引 at 13:35 | TrackBack(0) | 225 先物取引 | 更新情報をチェックする

225先物取引のリスクを考える

メリットばかりではないのが225先物取引です。
投資ですので、やはりリスクもつき物だといえます。
ここで改めてリスクについておさらいしておきたいと思います。
メリットを勉強しておくことも大切ですが、リスクをきちんと理解しておかなければ成功にはつながりにくいものです。
リスクをきちんと知ってこそ、儲けを出すこともできるのではないでしょうか。
225先物取引のリスクとはいくつかありますが、まずは注意点として覚えておきたいのは取引で大きな利益が得られることも期待ができるのですが、損をした場合、これも大きくなってくるということを覚えておきたいものです。
ハイリスクハイリターンであるということです。
というのも、225先物取引は直接金銭のやり取りではなく、証拠金を証券会社に預けて取引をしますよね。
そこで少ない資金でも大きな取引が可能ということでありますが、そういったシステムだからこそ、利益を出したときはたくさんの利益が、損失を出したときはその分大きな損失が出てしまうということです。
日経平均株価の動きをもとに相場が変動しますが、元本や利益が保証されていないということもありますので、場合によっては証拠金を割り込んだ損失、またはそれよりも大きく上回るほどの損失が出てしまう可能性もおおいに考えられるというリスクがあります。
225先物取引では利益を保障しているわけではありませんので、こういったリスクをあたまに入れておく必要があります。
posted by 225先物取引 at 13:35 | TrackBack(0) | 225 先物取引 | 更新情報をチェックする

225先物取引とサーキットブレーカー制度

225先物取引では株式投資と同じ点もあります。
まずは銘柄があるということです。
では、銘柄名はどうやって構成されるかといいますと、225先物に限月を足した数式で決定されます。
225先物取引の取引方法は限月が関わってくるのですが、3,6,9,12月のうち、これにもっとも近い月を限月とし、限月は5つの月で取引されています。
取引のしくみとしては取引時間がありますが、前場では9時から1時であり、後場では12時半から15時10分と決まっています。取引の単位としては先ほどもお伝えしたように日経平均株価の1000倍での取引ができるということになっています。
ほかに通常の株と同じ点といえば更新値幅と制限値幅があり、これはほかの株と同じ点といえるでしょう。
また、サーキットブレーカー制度といいまして、急な相場の変更があった際には一時中断措置としてこのような制度が設けられています。
サーキットブレーカー制度とは急な相場変更による投資家の精神的不安などをとりもどし、冷静に取引が行えるように冷却期間を置くことをいいますが、この措置が取られる基準としては基準価格から先物価格が一定の値幅を上昇した場合、または下落した場合、サーキットブレーカー制度が行われるのですが、その際は15分間という時間が冷却期間として設けられています。
急変による動揺などで冷静な取引ができないことは問題ですので、こういった制度があることも知っておくと良いのではないかと思います。
posted by 225先物取引 at 13:35 | TrackBack(0) | 225 先物取引 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。