2009年11月04日

225先物取引決済の反対売買

225先物取引を実践するにあたっての実践方法などを紹介していきたいと思います。
225先物取引の決済方法としては2つありますよね。
反対売買という決済方法とSQ決済という方法です。
反対売買とはここでおさらいすると最初に行った取引とはまったく反対の取引を行うということを反対売買といいます。
決済は取引の最終日にされます。
買い建てをした場合は転売し、売り建てした場合は買戻しを行います。
そういったことを行うことによる決済が反対売買のしくみになっています。
そしてSQ決済とは反対売買にて最終決済日までに決済が行われなかった場合に今度は満期日にて決済が自動的に行われます。
満期日とはいつのことかといいますと限月がありその第二金曜日が決済日にあたるようになっています。
以上の二つの方法で決済が行われています。
この決済方法を具体例にしてあげてみると、たとえば買いの場合は1000円で1枚225先物を買ったとします。
そこで相場が値上がりして1500円になったとします。
値上がりしたことによって反対売買として転売をしたとします。
転売した値段から買った値段を引きます。
それを取引単位と数量をかける計算式で行うと利益がわかるようになっています。
売りの場合は売った値段から買戻しをした値段を引き、取引単位と数量をかける計算式で損失がでるようになっています。
計算式も簡単なので、覚えておくとよいのかもしれませんね。
反対売買の仕組みはこういう形になっています。
posted by 225先物取引 at 13:35 | TrackBack(0) | 225 先物取引 | 更新情報をチェックする

225先物取引における過熱感

引き続き225先物取引においてのリスクを説明したいと思います。
225先物取引を行っている最中に過熱感が生じることがあります。
そうなってしまった場合、またはそうなるであろうと考えられる場合、色々なことが行われますが、何が行われるのかといいますとまずは証拠金の引き上げがあります。
また、規制措置として有価証券の代用を制限するということもあります。
このとき証拠金を追加する必要性が十分に考えられますし、代用有価証券を現金と差し替えるということも行われてきます。必ずではありませんが、過熱感が生じた場合にはこういったことに気をつけなければいけませんので、やはり証拠金を追加するときがいつきてもいいように準備をしておくことが大切だということがここでわかると思います。
また、225先物取引での価格というのは何で決定されるかといいますと、需要です。
取引方針をきちんと決めておかないと相場が変動した際、それが大きい変動の場合は自分が思っていたとおりの取引ができない場合が考えられるからです。
転売や買戻しができなくなってしまう状況になった場合が考えられるケースとして制限値幅に市場の価格が達した場合がありますが、その際はやはり思っていた取引ができなくなってしまうそうです。
そこで取引にあたっては方針をあらかじめ決めておけばよいということになるようです。
短期間での損失が発生してしまった場合も225先物取引では考えられますので、頭に入れておきたいことですね。
posted by 225先物取引 at 13:35 | TrackBack(0) | 225 先物取引 | 更新情報をチェックする

225先物取引と証拠金追加

証券会社に証拠金を預け、取引を行うというのが225先物取引のシステムになっていますよね。
でも投資の世界にはどうしても急な相場の変動というのが起こることがあります。
予測されない急な変動ももちろんあるわけです。
そうしたときに最初に証券会社に預けた証拠金では取引をするにあたって足りなくなってしまうということが起こりえます。
この場合、225先物取引では証拠金が必ず必要になりますので、追加して預けなければいけません。
その際は現金で預けるというシステムになっているようです。
これは225先物取引においてのリスクと考えても良いでしょう。
追加する証拠金を預け入れる期間というのは証券会社で決めることになっています。
もしそれを行わなかった場合、これはどうなるのでしょうか。
その場合はもちろん損失を抱えたまま最終的には決済されてしまうということになります。
決済されるのは建玉の一部もしくは証拠金すべてが決済されます。
ということはこういったリスクがあるということをあらかじめ知っておき、余裕をもって取引ができるように準備をきちんとしておくことが大切ですよね。
急な変動があった場合に備えて損失を出さないためにも証拠金を追加できるようにしておいたほうが無難ですね。
取引を行うにあたっては余裕があればあるだけ良いとおもいますが、身近な経験者に情報として聞いてみるのもよいですし、インターネットなどで調べてみるのも良いでしょう。
posted by 225先物取引 at 13:35 | TrackBack(0) | 225 先物取引 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。