2009年11月04日

225先物取引の専門用語

225先物取引では今までも紹介してきたように、専門用語や聞きなれない言葉がたくさん登場してきます。
そこで専門用語のおさらいをしておきたいと思います。
よく登場した用語としてはSQという言葉がありましたよね。
SQ関連の用語といえばSQ日、SQ値、SQ決済などがありました。
最終清算指数をSQといいますが、SQ日というのはなにを言うかといいますとこれは満期日のことを言いますね。
満期日とはいつのことを言うのかといいますと、各限月というのがあり、その限月の第二金曜日を言いますよね。
そしてSQ値というのは最終清算指数を言います。
SQと同じです。
SQ決済とはSQ値で満期日に決済を行うことをSQ決済と呼びますよね。
SQ値の算出方法としては日経平均株価を構成する銘柄によって決められています。
そしてよく登場した専門用語として反対売買というのがありましたよね。
反対売買とは最初に行った取引とは全く反対の取引を行うことによって利益をだすという方法を反対売買といいました。
そしてほかには建玉という言葉もありましたよね。
建玉とは買いや売りの取引が成立したものの、未決済であるものを言います。
ここまでのおさらいに関しては専門用語の中でもほんの一部でありますが、まだまだ色々な言葉などが出てきましたよね。
用語を知るということも225先物取引を行うにあたっては大切なことであります。
用語とその意味をきちんと理解して、225先物取引を楽しく行えるようにしたいものです。
posted by 225先物取引 at 13:35 | TrackBack(0) | 225 先物取引 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。