2009年11月04日

225先物取引と証拠金の関係

225先物取引では証拠金という言葉が頻繁に出てきますね。
証拠金は証券会社に預けるものですが、簡単に言えば保証金と考えてよいと思います。
保証金という意味では損失が出た場合であっても決済ができるようにしておくという意味での保証金と考えておくものだそうです。
証拠金の算出は証券会社が行いますが、その決め方はスパンというものに基づいて決められるそうです。
ところでスパンとは何かといいますと、制度のひとつとしてあるようですが、保有している建玉のリスクには大きさがありますが、その大きさに応じた証拠金を計算するという仕組みをスパンと言うそうです。
スパンに基づいて出された証拠金は証券会社が計算しますが、それ以上の差し入れを求めることになっています。
そしてプライススキャンレンジという用語が出てきますが、プライススキャンレンジとは簡単に言うと最低基準額を言います。
これは証拠金に対するものですが、225先物取引において単一限月の売り、もしくは買いのどちらかを取引する場合に必要となってくるものとなります。
たとえば複数の限月であったり、ポジションを保有するなどの場合においては必要な金額が増えたり減ったりするということになるようです。
プライススキャンレンジの決め方としてはこれもきちんとした割り出し方があるようですので、覚えておくと良いでしょう。調べてみると図式になっていてわかりやすく解説しているサイトがたくさんありますので、見てみると良いでしょう。
posted by 225先物取引 at 13:35 | TrackBack(0) | 225 先物取引 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132006193

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。