2009年11月04日

225先物取引と裁定取引

225先物取引で登場する用語として裁定取引というのがあります。
裁定取引とは聞きなれない言葉かもしれません。
サヤ取りとも呼ばれているそうですね。
225先物取引だけに登場する言葉ではありませんが、これも大きく関係してくるそうですので、少しだけ触れてみたいと思います。
投資法としては裁定取引というのはリスクも利益も少ないものだそうです。
裁定取引には色々あるそうですが、その中でもベーシス取引といって先物価格と現物価格において、その価格差を利用して利益を出すという方法だそうです。
ちなみに裁定取引自体はどういうものかといいますと売りと買いを基本的に同時に仕掛けるという仕組みを言うようです。
裁定取引はサヤ取りとも呼ばれていると今説明しましたが、一般的にはそう呼ばれていることのほうが多いそうです。
そしてこれはある二つの価格差というのを利用して行うことを言います。
今お伝えしたように売り、買いを同時に仕掛けてしまうのです。
そこで利益を出すという方法です。
もっと深くサヤ取りというものについて調べてみると、そもそもサヤとは何なのかと思いませんか?サヤとはひとつの価格と利率があり、もうひとつの利率と価格があり、その差がサヤと呼ばれているそうです。
混乱するかもしれませんが、簡単に覚えておく程度でよいかもしれませんね。
ベーシス取引は先物と理論の価格差がある基準になった場合に割高側を売りつけ、割安側買い付けるという方法だそうです。
posted by 225先物取引 at 13:35 | TrackBack(0) | 225 先物取引 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132006191

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。